« 講演の予習効果 | Main | なべっこ遠足 »

2012.11.21

絵で子どもと対話

一昨日図工の話を書いたが、偶然こちらのサイトで絵をほめるという話を読んだ。
全くその通りだなあ・・・と読ませていただいた。

「ほめる以外にも「これは何をやっているところなの?」と質問するのもいいですね。
子どもの言語能力アップにもつながり、どこに思い入れを持って描いたかがわかります。」

特にこの部分が、印象に残る。担任時代、自分自身が十分にできなかったという反省も込めて…。
担任時代もある程度絵を描いている子どもたちと対話はしていたが、どうしても「仕上がり」が気になり、「指導」になってしまっていた。
担任外になってから、掲示されている絵で子どもたちに会った時に「これは何を描いたの?」「どうして、これを描こうと思ったの?」というように聞くようになった。
そうすると子どもたちなりの理由があることがよくわかった。その点で子どもたちの絵をもとに、自分自身児童理解を深めている。いつまでも勉強である。

|

« 講演の予習効果 | Main | なべっこ遠足 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 講演の予習効果 | Main | なべっこ遠足 »