« 人から学ぶ | Main | 『教師のための「マネジメント」』 »

2012.12.26

あるデータ

「心の病」について文科省からデータ発表された記事が掲載されていた。
あれこれ考えさせられた。大変じゃない仕事はないのであるが、管理職としてはこのようなデータはやはり気になる。
ちょうど「総合教育技術」の1月号が「心の病を予防する」というものだった。

この中に「心の病を予防する10箇条」というものがあった。
その中になるほどというものがあった。

○「平日も休日も就寝時刻と起床時刻を一定に」
○「休前日の夜更かしはNG」

「休前日に夜更かしをして、休日の生活が乱れ、休日明けの朝が起きづらくなり、ストレスフルな月曜日に万全の体調でできなくなる」というものである。
これは納得できる。単身赴任時、夜遅くアパートに戻ってからの翌日の勤務は時として厳しかった。今は平日も休日も同じリズムで生活をしている。それでだいぶ体も仕事もいいペースになっている。
それでも平日の疲れが溜まって休養が必要な時もある。だったら尚更同じリズムでの生活を優先させなければと思う。そんなことを先のデータとこの記事から感じた。

|

« 人から学ぶ | Main | 『教師のための「マネジメント」』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 人から学ぶ | Main | 『教師のための「マネジメント」』 »