« 「明日の教室」京都 | Main | あるデータ »

2012.12.25

人から学ぶ

京都での「明日の教室」では、地元近畿はもちろん、中部地方・中国地方からの参加者も一定数いた。その点では、幅広い出会いがあった。

○もともとの研究仲間。ゼミでは模擬授業で登壇しているが、「佐藤先生の長い話を聞ける機会」ということで、参加してくださった先生方
○メールのやりとりはしていたが久しぶりにお会いした先生方
○一小学校から5名も参加された先生方
○今回の講座をきっかけにフェイスブックでつながりができた先生方
○そして、10名ほどの学生さん

なかなかこういう出会いはないであろう。特に教師を目指して真摯に学ぶ学生さんに会うと「この世代に残せるものは何か」と考える。自分自身の学生時代よりはるかに真剣だからである。
このような出会いがあるからこそ、依頼を受けると即「OK」と言うのだと改めて思った。自分自身のエネルギーになるのだから。
その点で、今回お声掛けしてくださった糸井先生と池田先生には本当に感謝の言葉しかない。
思えば10年前のネットワークの全国大会で私たちは旭川にいた。今は立ち位置がそれぞれ変わった。それでも思いは変わっていない・・・お二人に会ってそれを再確認した京都行きであった。

|

« 「明日の教室」京都 | Main | あるデータ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「明日の教室」京都 | Main | あるデータ »