« 冬休み終了と学校ブログ | Main | 年をとるのも悪くはない »

2013.01.18

道徳教育2月号

連載している「道徳教育」2月号が出版されました。

今月の名言は、「一生幸せでいたいなら、正直でいることだ」です。これはイギリスのことわざです。
正直でいることがどれほどの大切かを示すものです。実はこのことわざの前には四つの文があります。

一日だけ幸せでいたいならば、床屋にいけ。
一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。
一ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚をしろ。
一年だけ幸せでいたいなら、家を買え。
一生幸せでいたいなら、正直でいることだ。

人生での幸せの価値を考えさせられることわざです。

くわしい目次はこちら。アマゾンはこちらです。

さて、1月号では「ならぬことはならぬものです」をとりあげました。NHK大河ドラマの「八重の桜」で、何度もセリフとして出てきます。これを意識して選んだわけではありませんでしたが、タイミングがよかったとつくづく思っています。

|

« 冬休み終了と学校ブログ | Main | 年をとるのも悪くはない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 冬休み終了と学校ブログ | Main | 年をとるのも悪くはない »