« 印象に残った本 | Main | ちょうど中間地点 »

2013.02.08

「仕事がスイスイ片づく! 教師のためのシンプル時間術」(目次)

先日紹介した「仕事がスイスイ片づく! 教師のためのシンプル時間術」(学陽書房)の目次が、出版元の学陽書房さんのサイトに掲載されました。
次の通りです。これで概略がいくらかわかるかと思います。
第1章と第2章は日々の教師生活や実践に関わるもの、第3章と第4章は教師人生に関わるものとして執筆をしました。予約はこちらからです。

----

はじめに

第1章 実践!教師のためのシンプル時間術
1 朝からエンジン全開になる方法
2 仕事の「見える化」で効率アップ!
3 すきま時間こそ仕事がサクサク進む!
4 重い仕事は完了時間を決める
5 未完の仕事を絶対に忘れないコツ
6 保護者会・会議の準備もシンプル化
7 「その場主義」のノート点検は児童とのふれ合いタイム
8 いつでもどこでも子どものよさをメモ
9 必要グッズは教室と職員室、2倍準備する
10 口頭指導情報は出入り口に貼る
11 短い時間でも子どもたちと触れ合える
12 掲示物は子どもたちに助けてもらう
13 教室巡回で他教室の実践を学ぶ
14 依頼事は即決・即実行が基本
15 自分の「時間術の方針」を決める
16 家庭での「ゴールデンタイム」を大切にする
17 文書整理が苦手なら時系列で保存する
18 資料や本を処分する勇気をもつ

第2章 テキパキ!授業をつくるための時間術
1 1つの分野に強くなることが他分野にも強くなる早道
2 すきま時間にも教科書に目を通す
3 教材開発のヒントは24時間どこにでもある
4 短時間でできる「即効ミニ教材開発」
5 「教材の種」を一定期間保存する
6 担当学年以外の教材も知っておく
7 授業のための読書時間術
8 授業開始時刻に始めて時刻通り終わる
9 ICT活用で授業の効率アップ
10 録音した授業を通勤時に聞いて力量アップ
11 研究授業は袋ファイルに入れて保存
12 学級通信に授業を再現し、一石二鳥に

第3章 ピンチをチャンスにする時間術
1 新しい環境で困ったときこそチャンス!何でも聞こう!
2 トラブル対処はスピード勝負
3 事務仕事で信用を落とさない
4 スランプ時は軽い事務仕事を助走がわりに
5 「時間を買うこと」も時には良い
6 保護者の注文への対応はスピーディに!
7 「いざという時の備え」を日ごろからしておこう
8 自分の時間を進んで同僚のために使おう
9 身近な同僚を追いかけよう
10 子育て繁忙期は仕事術を伸ばすチャンス
11 次に生かせば「失敗」ではない

第4章 時間術でより良い教師生活を送るために
1 朝の出発前に教師としての身だしなみをチェック
2 名刺活用でスムーズな挨拶を
3 「次の人が困らない」仕事のしかたをする
4 研究会・会議は貴重!参加のコツ
5 研究会事務局の仕事を引き受け「時間術」を磨く
6 授業の悩みはミニ研究会を開いて解消
7 休み時間には他学級の子どももほめよう
8 「あこがれの先生」のワザを真似てみよう
9 「ちょっとだけ背伸び」が成長のもと
10 先達へ手紙やメールを書く時間をとろう
11 「今」の大切さを自覚しよう

|

« 印象に残った本 | Main | ちょうど中間地点 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 印象に残った本 | Main | ちょうど中間地点 »