« 学校ブログは保護者と学校との距離を縮める | Main | トークイベント「いま教師に必要なのはトータルバランス」 »

2013.03.22

あれこれ

フェイスブックのつぶやきから。

・金曜日の6年生を送る会で感動した6年生。一人の子が先生方あてに感謝の手紙を書いてきた。聞くと、各学年にも手紙がその子から届いていたとのこと。6学年+教師の合計7通もの感謝の手紙を書いてきた。その子の温かさに寒い朝もぽかぽかになった。

・他校に行った折、校庭を重機で掘っていた。「工事中かな?」と思ってその学校の副校長と話していて、「除染」だったことに気づいた。「こちらではまだまだですよ」という言葉。「3・11」が近づき、「もうあの日から2年」という思いが一日一日高まっているのに、こんな身近なことにすぐに気付かないなんて…。自分の中にある震災への意識のずれに反省。

・とある冊子に「自宅を訪問する際に注意すべきは時間」として、「予定の時刻より、2,3分程度遅れることが望ましい」と書かれていた。相手の方がもてなしの準備をしていることを考えて…ということが理由とのこと。あくまでも「自宅訪問」の話なのだが、今まで「ぴったり」に行くのが礼儀だと思っていた。家庭訪問も同じなのだろうか?

・教育の情報化の実態調査の集計が終了。昨年と比べてみるとBの「授業中にICTを活用して指導する能力」が伸びていることがわかる。赴任して2年目の今年度は昨年ほどは時間をかけていないのだが、これは嬉しいこと。ただ、気づいたらICT活用指導力の研修は数が少なかった。昨年、本県は全国で一番少ない研修率になっていただけに、積極的に校内で仕組めばよかったと反省。

・「学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない」…サッカーフランス代表監督ロジェ・ルメールの言葉。サッカーの指導者としての言葉であるが、教えることの専門家、教師にも似たことが言えるであろう。ちなみに、この言葉、我が上司から勧められた本に書いてあった。

・昨日は卒業式のあと夕方から「卒業を祝う会」だった。その時に卒業生からメッセージや手紙をいただいた。「担任の先生に代わっての授業はとてもわかりやすかったです」という声がいくつか。リップサービスとしても嬉しい。もっとも「だじゃれ連発でしたね」「寒いギャクばかり」というメッセージもいくつか(苦笑)。

|

« 学校ブログは保護者と学校との距離を縮める | Main | トークイベント「いま教師に必要なのはトータルバランス」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校ブログは保護者と学校との距離を縮める | Main | トークイベント「いま教師に必要なのはトータルバランス」 »