« 若い人に贈る言葉 | Main | 自分の教員歴を思わず振り返る »

2013.04.04

かつての同僚の記事

9年前に同じ学年で担任を組んだ先生の記事が、地方紙に掲載されていた。こちら

津波を乗り越えて残った手紙。無事教え子たちに渡すことができて本当によかった。
私も同じ年に隣の学級で子どもたちを卒業させて、「20歳の自分への手紙」を発送したし、別の学級の先生はタイムカプセルを開封したはずだ。
卒業イベントとして何をすべきか・・・ということで学年会であれこれ話し合ったことを思い出した。

震災後に一度、偶然に県の陸上大会でお会いしたことがあった。その頃に震災時の話をあれこれ聞いて、その事実に驚愕したものだった。その夏に、被災した小学校を目の当たりにして改めて津波の恐ろしさを感じたものだった。
そのことを知っているだけに、無事手紙が渡されたことを本当に嬉しく思う。


|

« 若い人に贈る言葉 | Main | 自分の教員歴を思わず振り返る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 若い人に贈る言葉 | Main | 自分の教員歴を思わず振り返る »