« 入学式を見比べる | Main | 丁合機に助けられている »

2013.04.30

4月が終わった

転勤した年でもあり、覚書として毎月末には振り返りをしていこうと思う。

・副校長職3校目。5年ぶりの水沢地区。そして大規模校。実際に勤めてみて、同じ職でも今までの学校と仕事内容がだいぶ違うことを実感。これは自分にとって新たに多くの仕事を覚えるチャンスである。

・職場は岩手の特徴である「ベテランが多い」という点は同様である。ただ、初任者が毎年入ってくる学校であり(これは岩手では限られている)、その点で若手も多い。その点では安定さとフレッシュさが同居しており、よき環境だとつくづく思う。

・子どもたちのすばらしさが随所に見られる。特にも「あいさつ」は、本校の自慢の一つであろう。子どもたちと関わりをもちたいので、何か仕事があったら喜んで引き受けている。(それでも補欠授業にはまだ入っていない・・・)。仕事がなくても校内をあちこち回るだけで担任時代に取り組んだあれこれを思い出す。

・PTAや地域の皆さんにも恵まれている。懇親会でその実態を知り、より連携を深めていくことの大切さを感じている。

・毎月一つでも重点的に取り組めることがあればよいと思っている。今月は学校ブログの告知と更新に力を入れた。昨年度より数倍のアクセス数があり、一定の成果は収めた。続ける道筋もできている。来月は校内用の通信ができれば・・・と考えている。

・この1ケ月は学校のしくみ・人・環境をまずは覚えるのが第一。5月からは次の段階。がんばろう。

|

« 入学式を見比べる | Main | 丁合機に助けられている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 入学式を見比べる | Main | 丁合機に助けられている »