« このごろのつぶやき | Main | 学校ブログ »

2013.04.13

雑誌を購読する意義

自分のブログを毎日チェックしている。
それは、右下にある「検索フレーズランキング」を見るためである。
今週多かったのは「社会 授業開き」というのもの。確かに、6年の歴史学習での授業開きや5年での5円玉の授業開きをこのブログに掲載している。(もう7、8年前に行ったものであるが)

こういう時にやはり「購入しておいてよかった」と思うのが、雑誌のバックナンバーである。たとえば、明治図書の「社会科教育」誌は初任以来28年購読し続けている。このうち4月号のバックナンバーには何冊かの「授業開き」の特集号がある。
私は、授業開きではこれらを参考にしていたことを思い出した。雑誌を購読し続ける意義をその時に感じた。

そんな自分も、教育雑誌の年間購読はピーク時よりは減っている。これは教育雑誌自体が減っていることや授業を受け持っていないことが影響しているが、それでも今も8冊の教育雑誌を年間購読している。
これらの雑誌はおそらく退職まで購読し続けるであろう。代金は全て合わせても1万円にも満たない。それで貴重な情報が得られる。時代が変わってもこの点は変わらない。

|

« このごろのつぶやき | Main | 学校ブログ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« このごろのつぶやき | Main | 学校ブログ »