« 自分の教員歴を思わず振り返る | Main | このごろの本から »

2013.04.06

保育園での一言交流を思い出した

前任校の地区の歓送迎会に出席した。学校だけではなく、保育所や地区センター等の地域の施設に勤めている方々の歓送迎会である。実に多くの皆さんが集まった。地区の皆さんには大変お世話になったが、本当に有難い地区だった。

さて、そんな中、懐かしい出会いもあった。娘の保育園時代の先生が前任校そばの保育園に転勤されてきたのであった。3歳児までの保育園だったから、何と18年ぶり。あれこれ話しているうちに当時のことを次々に思い出した。

その頃は6時までしか預けることができなかったので、自分が迎え当番の時には戦略的に仕事を進め5時半には退庁していた。自分が時間術を強く意識し始めたのは、このころだったと記憶する。必要性は人間の力を伸ばすものだ。

その保育園の連絡帳は毎日保育園の書く欄と保護者の書く欄があり、それを見るのが楽しみだった。まだ園の様子をあれこれ話す年ではなかったので、書かれている内容を見て園での生活ぶりや成長している様子がわかった。短い一言でも我が家の楽しみであったことを思い出した。

その効果を知っていたから、自分も担任として「キラキラカード」と称したカードを子どもたちに時々渡していた。なかなか長続きはしなかったが、学級通信と別の効果があったことを覚えている。

この一言交流は管理職になった今も効果的な方法として使いたいと現任校に来て思っている。子ども対象ではなく、先生方対象にである。学級経営の方法は職員室経営でも十分に通じると思っている。


|

« 自分の教員歴を思わず振り返る | Main | このごろの本から »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 自分の教員歴を思わず振り返る | Main | このごろの本から »