« 飛び込み授業で腕を磨く | Main | 家本先生のコラム »

2013.06.22

大学時代を思い出した

大学時代に自分が所属していたのは、ワンダーフォーゲル部と教育学研究室である。
ここ1週間でこの大学時代を思い出す「出会い」があった。

まずは今週火曜日の講師役の研修会。大学の研究室の先輩がその研修会に参加されていた。
同じ県に採用になっていたのはわかっていたが、違う地域ということもあり、一度研修会で偶然にお会いしただけだった。それ以来20年ぶり。講師席に座っていて参加者を見ていてピンときたのであった。20年ぶりでもすぐにわかるものである。
思い出せば大学に入った時に大変お世話になった。飲みに行った時には「俺たちもそうされたから」と必ず奢ってくれた。「お前たちも後輩たちにそうすればよい」と言われたものだった。(事実そうした。)
研修会終了後、しばしお話をして当時の研究室のあれこれを思い出した。

もう一つは「総合教育技術」誌7月号。秋田県の学力向上の取組で、ワンダーフォーゲル部の同期のメンバーが研究主任として紹介されていた。

自分の大学時代はもう30年も前。思い出せば昨日のことのように思える。これは本当にそうである。様々なシーンやあの時に言われた一言等、しっかりと覚えている。その頃の自分を作ってくれた部活や研究室。そのメンバーの活躍ぶりを目の当たりにして、嬉しくなった。

|

« 飛び込み授業で腕を磨く | Main | 家本先生のコラム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 飛び込み授業で腕を磨く | Main | 家本先生のコラム »