« お茶と私たちとの身近な関係 | Main | 6月が終わった »

2013.06.29

贅沢な学び

明日の教室東京分校の福山憲市先生(山口県)の講座に今日は参加した。
同世代の福山先生は20代の頃から「スター」で私にとってはあこがれの存在だった。著書も購入して勉強させていただいていた。
その福山先生が面白ワークのネットワーク会員を募集しているということで、会員になったことがあった。頻繁に送られてくる面白ワークに多くの刺激をいただいていた。もう二十数年も前のことである。インターネットのない時代だから、このような情報が貴重だった。

ここ数年縁があり、一緒のメーリングリストで学ばせていただいていた。その福山先生が東京に来られるということで、その日だけは休日の業務は外し備えていた。

講座は、二十数年経て直接学ぶことの幸せを噛みしめた感じであった。
エネルギッシュ、具体的、そして息をつかせぬ講座。
参加者の誰もが「もう1時間も2時間もお話を聞きたい」と思ったに違いない。
私も授業だけではなく、学校経営や自分の講師役のヒントを沢山沢山いただいた。
50代の自分の使命も再自覚した。

やはり出掛けて学ばなければダメである。自分に足りないものを講師の先生から間違いなく得ることができる。
そして、広がるネットワーク。今日もすばらしい出会い、再会があり、感謝しきれないほどだった。
福山先生はじめお世話になった皆様、ありがとうございました。

|

« お茶と私たちとの身近な関係 | Main | 6月が終わった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お茶と私たちとの身近な関係 | Main | 6月が終わった »