« 「鍛える国語教室」研究会第5回全国大会(岩手大会) | Main | 「できるよ」の言葉 »

2013.07.10

「率先して授業モデルを」

先日読んだ本の中に「管理職は率先して授業モデルを」という内容のものが書かれていた。
管理職自らが、授業について指導をして、さらに自分も各学級で授業をすべき・・・という内容であった。ふだんであれば、「確かにそういうことができれば・・・」という感じで読んでいただろうが、今回は異なった。

それというのも、6日の岩手大学であった学会研究会で、その道の権威の方(元会長)が、自ら発表に対して積極的に質問をし、さらには研究発表もされていたからである。
管理職になって、先生方に任せるのも大事だが、それと同様に「授業や研究にかかわって行動していく」ことが大切だなあ・・・とその先生の姿勢を見て感じたばかりだった。

そんな中で先の本の内容を読むと、やはり違ってくる。自分も校内だけではなく、模擬授業・飛び込み授業にチャレンジしなくては…と痛感した。

|

« 「鍛える国語教室」研究会第5回全国大会(岩手大会) | Main | 「できるよ」の言葉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「鍛える国語教室」研究会第5回全国大会(岩手大会) | Main | 「できるよ」の言葉 »