« 研修会感想に励まされ… | Main | 有難い分析 »

2013.08.27

「宮崎」を感じた

未知の地に行くのはやはりよいものである。
その土地の文化・風土を肌で感じることができる。
セミナー講師として行った宮崎もそうだった。いくつも感じたことがあった。

・テレビで見るワシントンパームが広がる風景が続く
・夜の19時でも明るい。西に来た実感
・地鶏の美味しさ。帰りの空港では冷や汁をいただいた
・私が提示した雪国の写真は新鮮だったようだ
・宮崎の言葉はわりとゆっくりとした感じ。これも意外。
・帰りにご厚意で「青島」「鬼の洗濯岩」を見学。観光も少しさせていただいた。

というわけで滞在時間は26時間だったが、実によい経験をさせていただいた。
さらに忘れてはいけないのは、口蹄疫対策のこと。懇親会の時に「空港ではそのための青いマットが今もある」と伺った。自分が空港から出るまでは気付かなかったが、この話を聞いて帰りにはそのマットが自然に目に入った。しかも3ケ所も。
あの時には大変な思いをされたのだと改めて想像した。これも一つの学びであった。

|

« 研修会感想に励まされ… | Main | 有難い分析 »

Comments

佐藤先生,
ありがとうございます。
今度は,田中博史先生お気に入りの宮崎名物釜揚げうどんや,宮崎とんこつラーメン,太陽のタマゴマンゴー,宮崎きんかんタマタマをごちそうします。
また,お越し下さいませ。sun

Posted by: kurazume | 2013.08.27 at 22:55

kurazumeさん、コメントありがとうございます。名物もラーメンもあり、まさに「食の宝庫」なのですね。数日前の余韻がまだ残っています。ありがとうございました。

Posted by: サトマサ | 2013.08.28 at 05:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研修会感想に励まされ… | Main | 有難い分析 »