« 学校図書館のバーコード管理 | Main | つぶやきより »

2013.10.09

「いわ100」

昨日に続いて読書の話題。
図書館関係の研修に参加された先生から「いわ100」の情報をいただいた。
これは中高生の豊かな本との出会いを応援するためのブックリストである。
正式名称が「いわての中高生のためのおすすめ図書100選」というところから略して「いわ100」と呼ばれているようだ。
本の選者には実際の中学生や高校生も入っているということで、より子どもたちの感覚に近いものが選ばれているであろう。

100冊の本を眺めてみて、自分が読んだことがあるのは、8冊のみ。(ほとんどが発行の古いものばかり。今の本も読まなければ…。)

この中で嬉しいのは、「岩手県の作家・舞台を読む」というコーナーがあることだ。全国的には有名ではなくても、岩手では有名な本が多い。「村長ありき」は、旧沢内村での画期的な医療行政に取り組んだ村長さんの話。もう20年以上も前だが、別の本をもとに6年社会科の授業に取り組んだことを思い出した。

中高生対象ではあるが、小学校高学年も読めそうな本もある。本校の図書館にどれぐらいあるか、ちょっと覗いてみたくなった。

|

« 学校図書館のバーコード管理 | Main | つぶやきより »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校図書館のバーコード管理 | Main | つぶやきより »