« 「いわ100」 | Main | 自分も学ぶべき情報 »

2013.10.10

つぶやきより

フェイスブックでのつぶやきです。

・久々に組合の会館へ。管理職になり自動脱会になってしまったが、組合の教研では多くのことを学ばせていただいた。日中の外勤で行ったのだが、その教研でお世話になった先生がいらっしゃった。自分が青年部時代の助言者でもう70歳を超えているはず。お元気な姿に自分の青年部時代の思い出も次々と思い出された。生活指導、平和教育、そして地域素材の教材化…20代に教研であれこれ発表したことが自分の土台になっている。

・地域行事「ときわの日」で競馬場へ。青空の下、芝生でのマーチング演奏にピンクのTシャツが映えて鮮やかだった。もちろん演奏もばっちり。大会直前ということで3連休全てが練習という先生方に頭が下がる思いである。自分にできることは学校管理や応援、そして大会役員等ぐらいであり、それも今の自分には大切な関わりと思っている。それにしても学区に競馬場がある小学校はやはり珍しいだろうな…。

・今週は久しぶりに中学校の社会科授業を参観できる機会がある。そもそも小学校社会ですらなかなかチャンスがない(今年度はゼロ)。張り切って中学校の教科書を教科書センターから借りてきた。こちらは全教科を通じて今年度初の借用ということで、記名をしてきた。「教科書比較研究」もあまりされていないのか…。そう考えて中学校2社を借用。これから比べ読みが楽しみである。

・文化庁より「国語に関する世論調査」の結果が発表。慣用句や言葉の意味、勉強になる。それにしても「役不足」の本来の意味を50代が一番間違えている。確かに研究会で「今回の立場は自分は役不足で…」とそれなりの立場の方が発言するのを聞いたことがある。

・今年度は勤務校業務の関係でマーチングと関わっている。明日が県大会。学校から役員が必要ということで、今日は明日の会場準備。スタッフ全員が集まっての説明後に、すぐに行ったのが「避難訓練の誘導」。大きなイベントで大切な心構え。一つ学んだ。

・「教育の質は、居場所感と子どもが夢中になっているかどうかの二軸で決まる」…「初等教育資料」に書かれていた。これは教師にも通じる。その学校に居場所があり、夢中で仕事に取り組んでいる教師なら、ぐんぐん成長するであろう。

・「いいだけの人生もない、悪いだけの人生もない」…今日読んだ曽野綾子さんの本にある言葉。この1週間、あれこれ考える機会があっただけに、この言葉が自分に入ってきた。

|

« 「いわ100」 | Main | 自分も学ぶべき情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「いわ100」 | Main | 自分も学ぶべき情報 »