« 講師役の小学校から学ぶ | Main | 久しぶりの学会 »

2013.10.27

「アイデアは電車の外に落ちている」

2ケ月ぶりに新幹線。まず自分が行うのは車中で車内誌トランヴェールを読むことだ。
「アイデアは電車の外に落ちている」という荻原浩さんの巻頭エッセーが目に入る。
「アイデアはじっとしていてはダメ。アイデアが降ってくるのはたいてい移動中」というメッセージに「そう、そう」と頷く。
自分はアイデアがポンポンと出る方ではない。原稿などもだいたいは苦しんで書いている。
「楽しく一気に書いた」なんて経験は数えるほどである。

苦しんでいる時に、じっとしていてもアイデアは全く出てこない。
とにかく行動するするしかないと思い、文献を漁ったり、ブログを更新したり(その日の分ではなく先の分)しているうちに、それがウォーミングアップになって、よき方向に向かう場合もある。

これからは、それに加えて「もっともっと出掛けよう」と思う。
何も遠くでなくてもよい。
近くの本屋でも図書館でも散歩でも、出かけることがアイデアにつながるのだと思う。

|

« 講師役の小学校から学ぶ | Main | 久しぶりの学会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 講師役の小学校から学ぶ | Main | 久しぶりの学会 »