« タイムマネジメント力 | Main | このような場での実物投影機 »

2013.10.20

すばらしい学習発表会だった

2学期最大の行事である学習発表会が終了した。
すばらしい学習発表会だった。
本校は各学年の「劇」がメイン。区の文化発表会に出る4年生は合唱であるが、それ以外は日常の学習に様々なアイデアを加えて、劇に仕上げていく。
いくつものすばらしさに目が行った。

○学年百数十人の一人一人の出番があるシナリオ構成。これは難しいことであるが、まさにシナリオの工夫をしていた。
○舞台の工夫。ステージの他にひな壇、フロアーでの演技。さらに袖幕もある。これらをフルに活用していた。バックの大きな絵も見事だった。
○「光」と「音」。6つものスポットライトが場面に応じて変化する。この効果が大きかった。そして「音」。効果音だけではなく、幕が閉じている間も関係のある音楽が流れてきて、次の場面を想起させる…何とも見事と感じた。
○「伝える思い」…合唱では復興教育に関わるメッセージが。そして「花は咲く」の合唱…「歌のチカラ」を感じさせた。

自分自身も劇指導は何度も行ってきていたが、それほど得意というわけではなかったので、今回の先生方の指導ぶりには感心するものが多かったし、多くのことを学ばせていただいた。
また予行練習からステップアップして本番にパワーアップさせた点も見事だった。子どもたちももちろん成長した。
今までは隔年で学習発表会を行っていたが、今年度は昨年に続けての発表会。この行事の意義は大きいと感じた。

|

« タイムマネジメント力 | Main | このような場での実物投影機 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« タイムマネジメント力 | Main | このような場での実物投影機 »