« 学校の広報 | Main | 社会科の本から… »

2013.11.13

TDRと学校経営

教育誌に東京ディズニーリゾート(TDR)を運営する会社の課長さんの原稿があった。
TDRのサービスのよさについては、様々な形で文章を読んできた。しかし、それが、教師向けを意図して書かれているのは初めて。興味をもって読ませていただいた。
副題に「学校経営・学級経営の参考に」とある。
確かに参考になった。

●シンプルなゴール
 TDRで働くキャスト(2万人もいるそうだ)のゴールはシンプル。「すべてのゲストにハピネスを提供すること」。
 ある意味、このゴールは学校も同じだと感じる。

●SCSEという行動指針
 S…セーフティ。安心・安全
 C…コ―テシー。礼儀正しさ。
 S…ショー。清掃もレジ打ちも全てショーの一つ。
 E…エフィシェンシー。行動効率。一人一人の役割。チームワークも。

ゴールがあり、行動指針が明示されているのなら、働いている人たちは意欲をもって働くであろう。たとえば、ペンキ塗りという仕事も「ハピネス提供やショー」というように考えたら、その仕事の価値や意義づけも変わってくるであろう。
それにしてもゴールも行動基準もシンプルそのものだ。
学校も似ているのだから、何らかのゴール・行動基準を示せれば変わるきっかけとなるかもしれない。

|

« 学校の広報 | Main | 社会科の本から… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校の広報 | Main | 社会科の本から… »