« 学区を紹介すべきだった | Main | 今年の振り返り1 »

2013.12.29

理論を知っているのと知らないことの違い

時々読む「私と先生」のコラム。
大島ミチルさんが出ていた。

○音楽理論を身に着けると、そこから外れた面白さがわかるようになりました。中心の軸がしっかりあるから、安心して挑戦できる。自分の軸をしっかりつくることの大切さを、先生は教えてくれました。

全くその通りだと感じる。授業も同じ。学級経営も同じ。そして学校経営も…。
「自分の軸は何ですか」と聞かれた時に、教師であれば答えられるようでありたい思う。

それにしてもようやく大島ミチルさんについて知ったという感じである。
実はもう9年前だが、NHKの「わくわく授業」の取材で佐藤学級が取り上げていただいた。できた番組を見た時に、音楽が大島ミチルさんだった。それ以来、様々な番組でお名前を拝見する時に気になっていた。
自分と同世代と知って、身近に感じた次第である。

|

« 学区を紹介すべきだった | Main | 今年の振り返り1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学区を紹介すべきだった | Main | 今年の振り返り1 »