« 理論を知っているのと知らないことの違い | Main | 今年の振り返り2 »

2013.12.30

今年の振り返り1

今年も今日、明日で終了。恒例の年末の振り返りをしたい。いろいろな意味で「予想外」「想定外」が多かった年であった。

1 転勤で大規模校へ

 2年いた広瀬小から4月に転勤して常盤小へ。市の中心校、特色ある学区、そして5年ぶりの大規模校。今までの副校長職とは違う面も多かった。もちろんそれは自分にとってはプラスのことが多い。経験は財産になる。今までの経験を生かして日々の実務を行っているが、どのように学校を運営していくか…という点では今後したいことも多い。よき同僚と共によりよい方向に向かっていけばよいと思っている。

2 県国語研と地区社研

 転勤した学校では平成26年度に県の国語の研究大会が開催される。その前の年ということでプレ大会が11月に開催された。学校全体がこのような大会校になるのは久しぶりであり、それに向かっていく研究から学ばせていただいた。さらに会場校としての様々な運営は自分の仕事。これも貴重な経験だった。また、昨年まで「地区の社会科研究会を盛り上げたい」と願っていたが、今年縁があり事務局をさせてもらった。8月に1回目のセミナーを県の事務局長を講師として、2回目のセミナーは11月に帝京大学の鎌田先生をお招きして行うことができた。冬休みに3回目。この面での企画は満足のいくものだった。

3 県内での公的な発表・依頼が続く

 教育委員会・教育研究所・教育センター等の公的機関からの依頼も例年以上だった。登壇の場といえば県外が多かったのだが、花巻市教育委員会の依頼での飛び込み授業と講演、教育研究所での2年連続の研究会発表、教育センターでの講演依頼(これは来年)、そして地区副校長会での発表や他校からの依頼…等々。県のために貢献したいという思いは強いのでこれは嬉しいことであった。

4 家庭では…

 平和な昨年と違い、今年は大きな出来事が続いた。大変お世話になった方とのお別れ。そして12月になってからの思わぬ大きな大きな事…。これからの人生を考えた1年だった。今まで次の年は明るいもの、上向いているものと思っていたが、今は不安が大きいという事実。さらに子どもたちは大学と高校の卒業…どのような年になるのだろうか…。(つづく)

|

« 理論を知っているのと知らないことの違い | Main | 今年の振り返り2 »

Comments

今夏,本当にお世話になりました。
とてもわかりやすい講座で,参加者に大好評でした。
ありがとうございました。
また,機会があれば是非宮崎にお越し下さい。
よいお年をお迎え下さい。

追記
奥州市出身の大滝詠一の訃報,残念でなりません。
私の青春でした。

Posted by: kuradume | 2013.12.31 at 14:50

kuradumeさん、コメントありがとうございます。
初宮崎ではお世話になりました。思い出深いセミナー&プチ観光でした。
大滝詠一は私も同じです。大学の先輩のアパートでレコードを何度も聞いたものでした。前任校は生誕地の隣の学区でしたので本当に残念です。

Posted by: サトマサ | 2013.12.31 at 14:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 理論を知っているのと知らないことの違い | Main | 今年の振り返り2 »