« 教師力アップセミナーの記録 | Main | 今年の干支は? 十二支を知っていますか »

2014.01.05

敗れた翌日から

例年より少し長い年末年始も終了。
今年は我が家にとってはいろいろなことがあり、静かな年末年始。その分、自分もたまった仕事(校務ではなく原稿や講師役等)に取り組めた。

正月からはほとんど家にいる生活だったが、テレビで興味があったのはスポーツ番組。特にも箱根駅伝は例年と同じようにスタート前から終了後まで、その多くを視聴した。30年以上前のラジオ放送時代から注目していたが、ここ数年は我が子の大学も出場していることもあり、楽しみも一つ増えた感じだった。

駅伝中継そのものだけではなく、様々なエピソードもこの番組の一つの魅力である。優勝した東洋大学が昨年2位で敗れた翌朝に練習していたシーンが映っていた。大会が終了した翌日にすでに新しいスタートを切っている…そのことに驚いた。そして、おそらく出場したどの大学も大会翌日に悔しさや希望をもって練習を始めていたのだろう…と想像してしまった。時間に限りがある大学だからこそのエピソードだと感じた。同時に1年後の次の箱根駅伝のために、取材を計画的に行っているテレビ局にも感心した。

若い頃は、退職までとてつも長いと感じていた時間が、現実的に有限なものとなっている今、このエピソードは胸に響いた。

|

« 教師力アップセミナーの記録 | Main | 今年の干支は? 十二支を知っていますか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教師力アップセミナーの記録 | Main | 今年の干支は? 十二支を知っていますか »