« 3・11 | Main | 来年度を見越して »

2014.03.12

教室巡回から見えてくる

3学期になって、毎朝ヒーターのスイッチを入れるために、各教室を巡回している。7時過ぎからの自分の大切な仕事である。
設備管理者という分掌も担っている自分。前任校は一斉のヒーターなので、朝スイッチを一度押すだけでよかった。
今回は25学級全てを回る。だいたい15分はかかる。
(朝のウォーキングがわりと考えると運動不足の自分にはちょうどよい。)

そこで感じるのは、「教室は同僚から学ぶ実践の宝庫」ということだ。
ヒーターをつける仕事だけではもったいない、いくつかの注目ポイントがある。 

まずは掲示物に注目。掲示されている学級通信を読んだり、子どもたちの作品を見る。
「こんな作品もいいなあ」と心に残るところがあったらそれで十分である。
教師が持っているグッズや教室全体の環境も見る。
「◎年◎組は、いつも椅子がきちんと入れられているなあ…」と教師の指導ぶりも浮かんでくる。

注目したことについて先生方に聞くこともある。
「今日の子どもたちへのイラスト、工夫していましたね。どうやってかいているのですか」
「『盛り上げ係』って何をするんですか」
聞いたことから、自分のかつての実践の話をすることもしばしばだ。
教室巡回のメリットは大きいのである。

|

« 3・11 | Main | 来年度を見越して »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 3・11 | Main | 来年度を見越して »