« 年度別新入社員タイプ | Main | 平成25年度の反省 »

2014.03.30

企画としての内閣総理大臣賞

今日の「がっちりマンデー」を見ていたら、内閣総理大臣賞の特集をしていた。ものづくりだったり、お菓子だったり…とさすがに内閣総理大臣賞を受賞するものばかりだなあと思ってみていた。

自分が注目したのは、その内容の他にこの番組の企画。取材ネタとして、内閣総理大臣賞は企画として一定のレベルのもので、しかも探しやすいものなのであろう。
実際にこちらにその内容が書かれている。(テレビで紹介していた豆乳の例「仕込みから豆乳まで20時間を要していたとこ
ろをわずか20分まで短縮」は、本当に画期的と感じた。)
かつてNHKのニュースの特集で「イクメン(育児をする男性)」を取り上げていた時に、実際のイクメンの取材例がこれまた「イクメン」で検索して上位にヒットする方だった。

テレビの企画や取材の一次情報としてインターネットは重要なんだということがわかる。実はこれ、教材開発も似ているのではないかと思う。かつて「きっかけとなる一次情報はインターネットで」と原稿に書いたが、今も変わらない。

|

« 年度別新入社員タイプ | Main | 平成25年度の反省 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 年度別新入社員タイプ | Main | 平成25年度の反省 »