« 情報が集まってくる | Main | 子どもたちのそばにいることで見えてくること »

2014.05.17

地域は学校の応援団

学校の周辺は当たり前のことであるが、いろいろな機会に歩く。
「ご近所の皆様」ということで、子どもたちもさまざまな機会にきっとお世話になっている。また、様々な教育活動でご迷惑をかけている部分もあるに違いない。

運動会が近くなると、その学校周辺の皆様と近づくことができるチャンスである。
運動会があるということの周知と、そのためにさまざまな面についての協力へのお願い文書を配布する。

こういう時には実際に歩いてご挨拶しながら回るのが一番である。
在宅のうちが半分ほど。あれこれ話すことができた。
直接日ごろのご協力を感謝しながら、あれこれ話す。
「日中に大きな音量が流れるかもしれません。ご迷惑をおかけします。」
と話すと、
「子どもたちの元気な声が、私たちの励ましになりますよ。」
「運動会が賑やかになるのは当たり前で、静かな運動会だったら、学校に何かあったのだと思ってしまう」というように、こちらが元気になる励ましをいただいた。

歩いた家は30軒ほど。実際に家にいらっしゃった方はその4割ほど。その皆さんに温かい言葉をいただいのだから、ありがたいことであった。
つくづく「地域は学校の応援団」と改めて思った次第である。

|

« 情報が集まってくる | Main | 子どもたちのそばにいることで見えてくること »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 情報が集まってくる | Main | 子どもたちのそばにいることで見えてくること »