« 地域の歴史を学び直したい | Main | モデル校の実践が広がる »

2014.05.26

一つの発想

昨日、「がっちりマンデー」を見ていたら、埼玉新都市交通のことをとりあげていた。
その中で、乗客がぐっと増えたアイデアが紹介されていた。
最初は電車の間隔が15分起きだったのが、乗客が少ない。それでもあえて経費のかかる10分間隔にしたところ、乗客は増えたという事例。

確かに15分間隔だと時刻を確認しなければいけないが、10分だとたとえ遅れても少し待てば…という感覚になる。
15分間隔で乗客が少ないからと経費削減のために20分間隔になっていたら、収益はあがったかもしれないが、乗客は増えはしなかったであろう。

テレビから発想を学ぶこともある。

|

« 地域の歴史を学び直したい | Main | モデル校の実践が広がる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 地域の歴史を学び直したい | Main | モデル校の実践が広がる »