« 授業づくりネットワーク2014夏in新潟 | Main | 多くのことを学ぶ »

2014.06.28

秋田出身を自覚する記事

教育ルネサンス」の新連載。学力日本一の秋田県の記事だ。

登場された皆さんに驚いた。
沼澤先生は日ごろから交流させていただいている校長先生。先日も仙台でお会いしたばかりだった。地元での取り組みに敬意を表したい。
鷲谷先生は中学校時代の同級生。1年生の時に同じクラスで学級委員長だった。高校も同じだったが、それ以降会ったことはない。それでもこうやって活躍ぶりを見るのは嬉しいことだ。
そして米田教育長。高校2年生の時の担任である。当時シラケ世代と言われた自分たち。自由が校風の学校にあって、その自由に戸惑い、ずいぶんとムダな時間を過ごしたものだった。それでも米田先生が英語の先生だったので、英語は自分なりに勉強したものだった。

「秋田出身の自分」を自覚してしまう記事である。

|

« 授業づくりネットワーク2014夏in新潟 | Main | 多くのことを学ぶ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業づくりネットワーク2014夏in新潟 | Main | 多くのことを学ぶ »