« 今年も地区社研事務局 | Main | 授業づくりネットワーク2014夏in新潟 »

2014.06.26

道徳で講師役

昨日は山形市で講師役。それも道徳である。
著名な佐藤幸司先生から「地域のよさ・日本のよさを伝える授業」という内容で…という依頼を受けた。

今まで道徳についての発表や原稿は書いたことはあっても講師役は初めて。
果たして自分は…と思ったが、日ごろ仕事術で「研究についての依頼があれば返事は『はい』か「イエス」」というように話しているだけに、もちろん引き受けた。過去の原稿、実践、ブログ記事、そして新しい参考文献を含めて、次のような構成にした。

●第1部 子供の心を育てる教師のトータルバランス力

      1 私の授業力の基礎
        ・基礎的な内容を大切にする
        ・教えたいことは教えない

      2 道徳教育を充実させる学級経営力
        ・学級経営と道徳教育は密接な関係
        ・安心感・所属感が基本
        ・トラブルは道徳素材の宝庫
        ・道徳心を高める担任の決めゼリフ


●第2部 地域のよさ・日本のよさを伝える授業づくり

      1 地域のよさ・日本のよさを伝える
      2 郷土愛・愛国心育成のヒント
       (1)伝えたい基本知識を教える
        (2)体験の機会を増やす
        (3)発問と教材開発で迫る
       (4)道徳の時間を核にした総合単元的な郷土学習
       (5)私の使命 -復興教育-

参観者の皆さんは熱心に聞いてくれた。こちらからの問いかけにも真摯に答えてくださった。
有難いことだった。
そして何よりも、自分が新しい内容に挑戦できたことが嬉しかった。自分も成長するためには、新しい取組が不可欠。この1週間あまりで3回の登壇。全てが新しい取組。自分にとって価値ある時間だった。

|

« 今年も地区社研事務局 | Main | 授業づくりネットワーク2014夏in新潟 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年も地区社研事務局 | Main | 授業づくりネットワーク2014夏in新潟 »