« 組体操の作文 | Main | 安全衛生管理 »

2014.06.08

教材開発に通じるもの

こちらの番組の再放送を見ていた。
興味深い内容だった。
新しい言葉を見つけ、その中から辞書に掲載する言葉を選ぶ。
その「語釈書き」。大学院生がインターンで挑戦するものの、ベテラン編集員から不備な点を指摘される。
「エッジ」という言葉の意味を吟味するために、実際に「エッジの効いた音楽」とそうでない音楽を聴き比べたり、「盛る」という言葉の用例を探るために街角でアンケートをとったり・・・。その結果が反映される辞書となった。
このような例を見ると辞書の見方も変わってくる。

このプロセスを見て、社会の教材開発に通じるものがあると感じた。
日常の様々なところに教材化のヒントがある。
そこから自分が取捨選択する。
選んだターゲットについて様々な事例を集める。それは決して本やネットの中だけにあるのではない。現地に行って調べたりもする。そのうえでようやく教材となり、指導に耐えうるものになる…。

日常的に社会科の授業をしていないこの頃は、教材開発も湿りがち。
その点で模擬授業は大切だ。これから登壇の機会も増えるので、テレビのように自分なりの教材開発をしていきたいと感じた。

|

« 組体操の作文 | Main | 安全衛生管理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 組体操の作文 | Main | 安全衛生管理 »