« 申込先になってわかること | Main | 資料活用の類型 »

2014.06.23

仙台で元気をいただく

先週の土曜日は「石川晋×堀裕嗣「ふたり会」in仙台 featuring 佐藤正寿」で仙台で登壇。
会の雰囲気は参加されていた先生のブログ(こちら)がわかりやすい。
ここ1~2年は一人で登壇することが多かったので、3人が分担したり、鼎談したりというのは、久しぶりだった。
晋先生も堀先生には、自分にはないものが多く、刺激を受けた。

また、スタッフや参加者からも元気をいただいた。ベテランの先生が一生懸命にメモをとっている姿、若手の先生が細やかなところまで考えて運営している点、そしてみごとなファシリテ―ション・グラフィック。
参加者数が決して多くはないから、参加者との関係が密になる。これもいいものだと感じた。

考えてみたら今までの自分は、仙台より圧倒的に東京に行く回数の方が多い。
これから目が仙台に向くかもしれないと感じた。

|

« 申込先になってわかること | Main | 資料活用の類型 »

Comments

正寿先生,土曜日はお世話になりました。
また拙ブログへのコメント,紹介等ありがとうございました。
あのお二人と先生との組み合わせは,やはり初めての味でした。これを美味しいと感ずるには修業(笑)が必要かもしれません。
夏休み8/1には石川晋さんを招いて国語の話を聴く計画を立てています。

Posted by: spring | 2014.06.24 at 04:51

springさん、コメントありがとうございます。個性派2人のゲストには、違うタイプの私がちょうどよかったのかもしれません。私自身も「違い」を強く認識しましたので。(笑) 晋先生が秋田に行かれるのですね…。毎年、秋田は「熱い」夏になりますね。

Posted by: サトマサ | 2014.06.24 at 05:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 申込先になってわかること | Main | 資料活用の類型 »