« 11年前の学生さん | Main | 研修記 »

2014.08.05

教員の学習・研究時間の推移

いつも興味のあるデータを提供してくださるこちらのブログ
今回は「教員の睡眠時間・仕事時間」の他に「教員の学習・研究時間の推移」等が掲載されていた。

特に驚いたは、「教員の学習・研究時間の推移」である。1986年からの平日の総時間数は、5年おきの調査でがくんと減っている。

1986年→32分
1991年→27分
1996年→24分
2001年→21分
2006年→15分
2011年→10分

このままいくと2016年は10分を切るのは間違いないであろう。
野口芳宏先生が「実践埋没型」の教師にならないように…と書かれていた(確か「学級づくりで鍛える」の中だったと思う)のは、まだ教員が平日30分ほど教員が研究していたころ。今はまさに平日は学校でも実践をして終わり…という人が大半という時代なのを実感するデータである。

|

« 11年前の学生さん | Main | 研修記 »

Comments

The comments to this entry are closed.