« 視点をもつと情報が入ってくる | Main | Webの記録から学ぶ »

2014.09.30

9月終了

〇年度の折り返しである9月が本日で終了。平成26年度も半分が終わった。毎年思うことだが、本当にあっという間である。

〇8月があちこちで講師を行った「動」の月とするのなら、今月は「静」の月。それでも、中旬での熊本での講師役と授業のユニバーサルデザイン全国大会のインパクトは強かった。少ない学びの機会が今後の自分によき方向性を与えてくれそうである。

〇公的な仕事の方は休日での行事参加が多かった。PTA東北大会、PTAバレー、日本教育会岩手大会、ときわの日応援等々。それぞれが意義あるものであった。9月はこのような活動が例年多い。何か活動するにはちょうどよい季節なのであろう。

〇学校は県の国語教育研究大会に向けて先生方が指導案作りにがんばった。自分もかつて県大会で授業したり、事務局仕事をしたりしたことを思い出した。今回は会場運営の副部長。そのための会議もスタートした。バックアップをしっかりと行いたいと思う。

〇今月は特定分野のインプット・アウトプットが多かったので、幅広い読書という点では反省。少しずつでも学び続けることが大切だと改めて感じている。

〇明日からの10月。講師役はこれから一つの節目だと思っている。10月の姫路、11月の大阪とも有難いことに席が埋まってきている状況。自分に求められていることは何か。今まで内容を土台に新たなものを作りだすことである。夏とはまた違った内容を多く生み出していきたいと思っている。

|

« 視点をもつと情報が入ってくる | Main | Webの記録から学ぶ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 視点をもつと情報が入ってくる | Main | Webの記録から学ぶ »