« エキサイティング姫路! | Main | 地区社会研セミナー »

2014.10.27

新保先生の飛び込み授業1

昨日、事務局を務める地区の社会科研究会の第2回セミナーを行った。
夏休み、2学期、冬休みと昨年に続き3回のセミナーを当初から企画していた。
今回の特色は何といっても講師の先生による飛び込み授業。
社会科教育界で著名な新保先生(北海道の校長先生)に依頼をした。
6年生対象の「道」の授業。
社会科として学びの機会の提供が本セミナーの趣旨であるが、私個人にとっても大きいものだった。

自分も年に数回、飛び込み授業を行う。
大人対象の模擬授業に比べて、それは簡単なことではない。やり直しがきかない真剣勝負の場。
そのようなことを新保先生にお願いしたのは14年前の記憶があるからだ。
山形大学附属小学校で社会科教育フォーラムが開催され(確か明治図書主催)、その折に5年生対象の3本の飛び込み授業が体育館で行われた。一本が附属小の先生、もう一本が有田和正先生、そしてもう一本が新保先生であった。最初はなかなかノッテこない子たちを迫力ある働きかけで上手に集中させていたのが新保先生だった。
以前からお名前は存じていたが、その時に「社会科教育界に新保先生あり」と強く意識化したのである。

その後、堀田先生の縁もあって新保先生主宰の雪プロジェクトに招かれたり、一緒のプロジェクトに参加したりして、学ばせていただいている。昨年度は念願叶って新保先生の小学校に自主視察に行かせていただいた。
そして今度は新保先生を奥州に…という思いで今回企画させていただいた。
新保先生は前日金曜日、土曜日と京都の学会に参加され、その足で奥州に入られた。お忙しい中、本会のために来ていただいたこと、本当に有難かった。(つづく)

|

« エキサイティング姫路! | Main | 地区社会研セミナー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« エキサイティング姫路! | Main | 地区社会研セミナー »