« なかなか本の紹介ができなかったが… | Main | 勤労と生産に感謝して 勤労感謝の日 »

2014.11.21

「教師は子ども好きの名人にならなければならない」

「教師は子ども好きの名人にならなければならない」という言葉にネットで出会った。
こちら

家本芳郎先生らしい言葉である。
かつて読んだ家本先生の本に「『先生なんて嫌いだ』という時に何と教師は答えるか」という問題があった。
家本先生だったら、「君は嫌いでも先生は君のことが好きだよ」と答えると書いていた(はず)。
まさに子ども好き。強烈な印象に残っている。

このエピソードは時々講座で話をする。
演習形式である。皆さん、一生懸命に考える。
そして家本先生の答えを言うと「なるほど」と頷く。
シンプルで、「子ども好き」がわかる答え。
教師になろうする原点は「子ども好き」という教師は多いであろう。
その原点を思い出す答えである。

|

« なかなか本の紹介ができなかったが… | Main | 勤労と生産に感謝して 勤労感謝の日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« なかなか本の紹介ができなかったが… | Main | 勤労と生産に感謝して 勤労感謝の日 »