« 教え子の活躍 | Main | 徒歩だと見える景色が違ってくる »

2014.12.11

一度話を聞くと…

先週の金曜日、研修会で阿部利彦先生のお話を聞いた。
今まで明治図書でネットで連載されていたのであるが、不思議なもので内容の入り方が変わってくる。実際の講演の内容と重なるものがあるからであろう。
この連載も「ソーシャルスキルトレーニング」がその内容である。それは講演の中でも触れられていた。日々の学級経営の中で実践できることである。

こういう経験をすると、やはり学習会に出ることの大切さを感じる。東京のみならず近隣の県からもその時には集まっていたようだ。
ただし、地方の先生は時間的にも経済的にも簡単に首都圏に行くことはできないであろう。その点では、研修会の企画の大切さを感じる。

ちなみにこちらには研修会の時のプレゼン資料が掲載されている。ネットで学ぶ時にはこういうものも有難いであろう。

|

« 教え子の活躍 | Main | 徒歩だと見える景色が違ってくる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教え子の活躍 | Main | 徒歩だと見える景色が違ってくる »