« 30年前の資料だが・・・ | Main | 学級目標のシンボル »

2014.12.04

つぶやきより

フェイスブックからのつぶやきです。

・補欠授業で入った4年生。担任からの指示の分の授業内容を終えて、まだ時間が15分もあった。地図帳ももっているということで講座で時々行う「都道府県クイズ」「都道府県3クエスチョンゲーム」を行う。大人と同じ反応やうなずき多数。最後には「おもしかった!」という声も。もっとも子どもたち以上に楽しんだのは自分であるが。

・今週の金曜日は県の国語教育研究大会。本校会場。裏方としての地道な作業が先週から続く。今日は駐車場案や掲示物関係作業。来賓に関わっての確認や問い合わせ。さらに学校以外の駐車場の確認作業や道路案内係のための下見等。大会関係者がそれぞれのもち分を地道に行い、多くの人の支えで大会が成り立っているということを感じる今週になりそうだ。

・6年生がソフトボールで使った道具を職員室に返却に来た。女子だったので、「ソフトボールは楽しいですか?」と聞いたら皆「楽しい」と答える。「どこが?」と聞いたら、一人が即「カキーンと当たった時の爽快感!」と答えた。職員室にいた先生方が「あー」とうなずいていた。こういう会話も楽しい。

・「教師は子ども好きの名人にならなければならない」という言葉に出会った。家本芳郎先生らしい言葉である。家本先生の本に「『先生なんて嫌いだ』という時に何と教師は答えるか」という問題があった。家本先生だったら、「君は嫌いでも先生は君のことが好きだよ」と答えると書いていた(はず)。まさに子ども好き。強烈な印象に残っている。

・県副校長大会。地元テレビ局藤村アナウンサ―が講演。レセプションでもスピーチ。やはりプロだなあ。特にスピーチは短時間で話をまとめ、ユーモアもばっちり。しかも(当たり前ながら)聞きやすい。教員がアナウンサーから学ぶことが多い。今日はそのいい機会だった。

・今朝は子どもたちの登校時間に出張のために移動したので、多くの登校風景に出会った。本校の子どもたちも元気に集団登校。隣の学区では、男子中学生が横断歩道の前で自転車で待機していたので、停車。そうしたら、発進する前に礼、横断途中で2回目の礼、そして渡り終わった時に3回目の礼をされた。これぐらい感謝されるとこちらの心も洗われる。

・有田先生の『人を育てる』が届いたので、この土日に2度読む。多くの原稿は雑誌で読んでいるのだが、やはり本になると入ってくるものが違う。昨年2月のビッグサイトでの最後の模擬授業もやはり圧巻。授業前の笑いの一ネタ(「佐藤先生は甘くなきゃサトウじゃない」)に私も少しだけ「登場」させていただいた。このネタは有田先生の創作。その場の雰囲気を察して、(おそらく)瞬間的に思いついたのであろう。緊張していた生徒役の先生方の表情が一気にリラックスした一瞬だった。

|

« 30年前の資料だが・・・ | Main | 学級目標のシンボル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 30年前の資料だが・・・ | Main | 学級目標のシンボル »