« 教材研究の楽しさ | Main | 1/23 筑波大学附属小学校でUD研 »

2015.01.15

財産となった地区社研セミナー

昨日は地区社会科教育研究会のセミナー。今回は「社会科授業のユニバーサルデザイン」というテーマで,実践発表+私の講座を行った。会場や駐車場の関係で冬は限定20名なのであるが,定員を超える申込があった。有難いことである。

教諭時代に有田先生を3度お招きした地区社研。ここ数年、活動も停滞気味ということで、昨年度から事務局を希望して、企画実行をしている。
一番の目的は「地区の社会科教育の学習会の場の設定」である。校内研究会でもなかなか取り上げられない社会科。セミナーを開催することで、地区の学びの場を保障するのは自分たちの世代の大切な役割と考えている。

実はそれだけではなく、セミナーを開催してさまざまなメリットがあると考えている。
たとえば、本校会場ということで、学ぶことに熱心な本校の先生方に学びの場を提供できたことが嬉しかった。今年度2回目は、札幌から新保先生をお招きし私自身が大きなヒントを得ることができた。昨年度の鎌田先生(帝京大学)に続いて,私が「今お招きしたい方」を自校にお呼びできることは有難いことである。

また、昨年度と今年度の違いは,今年度は会員発表を2回行っていることである。セミナーを開催している中で,「常連さん」が数人いらっしゃることとなった。その先生方に発表していただくことができた。次世代への人材育成の一つである。さらに,私自身も常に登壇して自分の力量向上も果たしていると思う。

今回でまずは一区切り。2年間で合計6回のセミナーは自分の中での財産である。

|

« 教材研究の楽しさ | Main | 1/23 筑波大学附属小学校でUD研 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教材研究の楽しさ | Main | 1/23 筑波大学附属小学校でUD研 »