« 現代学生百人一首 | Main | 授業づくりネットワーク春集会 »

2015.01.18

冬休み終了

岩手は夏休みが短い分、冬休みが長い。夏休みと同じぐらいの日数がある。今年の冬休みを仕事の面で振り返ってみよう。

1 研修
 この冬休みも縁があって2つの講師役を以前からいただいていた。1つは飛び込み授業を兼ねているもの。飛び込み授業は,一から創り上げるので自分にとっては準備に時間が必要なのであるが、自分の幹を太らすためには大切なこと。貴重な経験ができた。もう一つは地区社研で自分が運営するセミナー。自分が行いたいテーマを取り上げたこともあり、これもよきものになった。1月は今週大きな講師役が2つある。準備はしてきていたが,さらにブラッシュアップしよう。

2 原稿&読書
 講師役に比べたら費やした少ないものの、いくつかの原稿を書かせていただいた。やはり書き続けることは大切なことだと実感。読書もふだんの3倍ぐらいはできた。やはり時間の余裕があることは有難いことである。

3 学校の仕事
 冬休みといっても当然通常通りの勤務。すべき事務処理や3学期に向けての仕事は予定通りできた。市の研究発表会では3年連続の発表。他校の何人もの先生方から,プレゼンに関わって短くてもコメントをいただいたことが嬉しかった。

4 その他
 かつて自分でテーマを見つけて研究をしていたが,管理職になってストップしていた。再開したいと思いつつ,なかなかできないでいた。残りの教員生活も少ないので,自分の研究のための取り組みも考えたいとこの冬休みに感じた。

明日からは3学期。1日1日が一気に過ぎていくであろう。限られた時間を有効に使っていこう。

|

« 現代学生百人一首 | Main | 授業づくりネットワーク春集会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 現代学生百人一首 | Main | 授業づくりネットワーク春集会 »