« すばらしいアイデア | Main | 教師にとっての大晦日 »

2015.03.30

リーダーの役割

チームリーダーの仕事術」(玉置崇著 明治図書)を読む。

すでに明治図書のサイトで連載されており,この本が出版されると聞いた時に即購入した。
「さすが玉置先生」というエピソードがいくつかも語られており,本を読みながら何度もお聞きしている「玉置節」が本当に聞こえてきそうな感じであった。
いくつもサイドラインを引いたが特にも気に入ったところ。

〇悩むことや困ったことがあったら,ぜひ校長や教頭にも伝えてほしい。教頭に伝えたら,あなたの責任は50%になります。校長まで伝えたら,あなたの責任は0%になります。

これは本のカバーにも書かれている内容である。先に明治図書の連載で紹介されて,自分も似たようなことを先生方に話した。(校長まで…の部分はさすが自分の判断では言えなかったが…)。そうすると先生方の報告が増えた。それはコミュニケーションが深まり,情報が流れるということだから,嬉しいことであった。
このような真似したいエピソードが満載の本である。

チームリーダーといっても管理職だけ対象の本ではない。学年主任,教科主任の役割と仕事術の内容も書かれている。30代以上にとっては身に付けておくべき(20代も先を見据えるならお勧め)内容の本である。

|

« すばらしいアイデア | Main | 教師にとっての大晦日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« すばらしいアイデア | Main | 教師にとっての大晦日 »