« 有田先生本2刷に | Main | 久しぶりに一関地区社研 »

2015.05.15

「楽しく豊かな 学級・学校生活をつくる特別活動」

校内研究会で資料として「楽しく豊かな学級・学校生活をつくる特別活動」が紹介された。
このブログでもかつて紹介した記憶がある。

改めて読んでみると実践を充実させるリーフレットということがわかる。
注目したのは最後のページ。
「特別活動の充実で学校はどう変わるの?」というタイトルに3つの答えが書かれている。

〇いじめの未然防止につながります
〇自己有用感をはぐくむことにつながります

これらは特別活動の取り組みから妥当と思われるであろう。
もう1つ。

〇学力向上につながります

というところに注目したい。ここの部分に書かれている,
【よりよい人間関係の深まりによって、間違いや失敗を恐れず安心して学習に取り組めるようにもなります。そうした安心感は、のびのびと自己を表現をすることにつながり、友達と教え合ったり切磋琢磨したりして、互いに学び合い高め合っていくような学級の雰囲気を醸成していきます。】というところは特に納得した。

自分自身が若い頃から特別活動に力を入れてきたのは,幸いなことだったと感じている。

|

« 有田先生本2刷に | Main | 久しぶりに一関地区社研 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 有田先生本2刷に | Main | 久しぶりに一関地区社研 »