« 今年も「夏」が始まる | Main | 有田和正継承セミナー »

2015.07.18

教育ルネサンスでICT特集

年に1回ほど、教育ルネサンスではICT関係の記事がある。
今年も始まっている。
1回目はデジタル教科書、2回目は特別支援、3回目は僻地教育とその内容も幅広い。

その中で自分が注目したのは、「(3)過疎地の複式学級で効果」というものである。
自分も複式学級の学校に3年務めた。管理職だったので担任ではなかったが、時々補欠授業に入ると複式での授業が時間との闘いであること、子どもたちの自学力を育てるものであることが痛感させられた。
その複式でICTが少しでも役立つのなら、ぜひ使った方がいい…そのように考えている。

ここでの紹介事例を読みながら、少人数だからこそできるICT活用があると感じている。少人数が強みになるのである。

|

« 今年も「夏」が始まる | Main | 有田和正継承セミナー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年も「夏」が始まる | Main | 有田和正継承セミナー »