« 笑顔の職員室が教師を支える | Main | 重陽の節句と菊の話 »

2015.09.08

授業を見る眼

日常、様々な研修会に参加していい学びをさせていただいてる。
それが自校でもいい経験をさせていただいた。

今年度、市教育委員会の事業で本校が会場となり、「学びの共同体」で講師の先生を招くこととなった。
提案授業は6年生が行うのだが、その前に講師の先生が各学級を回ってくださる。1クラス5分程度だが、自分が1~2年生を同行することとなった。
わずか5分、されど5分。その時間でもプロは学級の様子を見抜くんだな…ということを痛感した。
まさに「授業を見る眼」があるからこそである。

同行したのは9学級のみだったが、自分の大きな学びになった。
さっそくその講師の先生の著書「中学校における対話と協同」を購入。
今の自分の立場でもヒントになるところがたくさんの本であった。

それにしても、今年はこのような機会があり、昨年度は県の国語教育研究大会があった。来年度は公開研究会があり、それに向けて動き出している。研究については有難いと思う本校である。

|

« 笑顔の職員室が教師を支える | Main | 重陽の節句と菊の話 »

Comments

The comments to this entry are closed.