« 夏のすばらしい出会い | Main | 熱き感想 »

2015.09.15

やはり故郷…

BS放送を回していたら、偶然生まれ故郷の秋田県五城目町というテロップが目に入った。
こちらの番組だった。

自分が生まれて高校卒業までいたのが五城目町だ。
当時は1万7千人ぐらいの人口がいたのだが、今は1万人を切っている。小さな町である。
小学校時代は6つの小学校があり、陸上大会も学校対抗で行われていた。自分も1000m選手として出場し、最下位となる貴重な経験をした。(これは教員になってから少し役立った。)

さて、その番組は古民家を再生させるプロジェクトとそこで食べる食事についてのものだった。
そのプロジェクトも興味深いものだったが、やはり自分が目にいくのは、生まれ故郷の景色。プロジェクトの中の写真にもあるが、遠くに八郎潟を望む田園風景は、今も目に焼き付いている。
もし、「もう一度見てみたい風景は?」と聞かれたら、やはりその頃の風景であろう。むろん岩手に来てから、何度か目にはしているが、原風景は特別なものである。

|

« 夏のすばらしい出会い | Main | 熱き感想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夏のすばらしい出会い | Main | 熱き感想 »