« 文献を研究するには有難い時代 | Main | かつての実践を思い出した »

2015.09.25

国語に関する世論調査

今年も慣用句の意味を取り違えている…という話題が先日ニュースで放送されていた。
「枯れ木も山のにぎわい」は,本来とは違う意味とされる方を選択した割合が高いというものだ。
出典はこちらのようだ。
先の慣用句だけではなく、「手書き文字の字形と印刷文字の字形について」「言い方の使用頻度について(「やばい」「微妙」等)」「新しい複合語,省略語について」といったところも興味がある。
それだけではなく、授業のヒントにもなりそうである。

|

« 文献を研究するには有難い時代 | Main | かつての実践を思い出した »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 文献を研究するには有難い時代 | Main | かつての実践を思い出した »