« 9月が終わった | Main | 児童文学というジャンル »

2015.10.01

あと半分、まだ半分

10月になった。今年度の折り返しである。
担任時代は「折り返しは【あと半分しかない】とも言えるし、【まだ半分ある】とも言えます。残りの期間をどう過ごしますか」と子どもたちに問いかけ、自分の目標をリセットさせたものだった。この時期の定番実践、定番学級通信だった。

さて、この折り返しは自分を振り返るいい機会だ。
多くの目標を立てた今年度の半年が過ぎた。
今年度は特に時間の経つのははやいと感じている。残り時間を意識しているからかもしれない。

さて、残り半年。時期だけではなく、今年度の自分の仕事も折り返しである。自分がしたいこと、取り組みたいことがあれこれある。どれだけ自分ができるか。がんばっていこうと思う。
「まだ半分ある」のである。

|

« 9月が終わった | Main | 児童文学というジャンル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 9月が終わった | Main | 児童文学というジャンル »