« 大学2年生の講義を思い出す | Main | 通常の授業で社会参画の資質を高める授業 »

2015.11.05

「鉄」の教材

先週も新幹線に乗ってトランヴェール(JR東日本社内誌)を読んだと思っていたら、今週は11月号が発刊されていた。
特集は「鉄」。釜石の鉄が紹介されていた。
確かに有名だからな…とかつて修学旅行で鉄の歴史館に行ったことを思い出した。
ちなみに橋野鉄鉱山は世界遺産に登録されたばかりである。

ところがそれだけではなく、かつて勤務していた軽米町に製鉄炉の遺跡があったことを知った。在住のころに聞いたような気もするが、それほど意識はしなかった。
今の勤務校の隣の学区は南部鉄器の工場がいくつもある。工場見学はもちろん、贈り物として自分も購入する時がある。
そう考えると、「岩手の鉄」については教材としての可能性が十分にあると考える。伝統工芸として簡単に扱ったことはあるが、本格的な記録については残していない。
教材候補の一つとしていこう。

|

« 大学2年生の講義を思い出す | Main | 通常の授業で社会参画の資質を高める授業 »

Comments

The comments to this entry are closed.