« 雑誌連載のお知らせ | Main | 七五三 子どもの成長を願う行事 »

2015.11.14

地域をまわることの大切さ

60周年記念式典が終了しても、残務はいくつもある。
その中の一つに、式典を欠席をした来賓に式典資料一式を届けるというものがあった。
郵送でもできるのであるが、予算が限られていることや地域の近い方に郵送するのも…ということで、可能な限り直接届けることにした。直接届けることのよさは、軽米の小学校時代に経験している。

実際に届けてみて、そのよさを実感した。

・「わざわざ届けてくださって…」とねぎらいの言葉をかけられる
・「参加した方からすばらしい式典でしたよと聞いています」とよさを伝えられる
・学校が地域と関わっていることを実感できる
・家族の知り合いの方に出会い、あれこれお話をする

そして、何よりもなかなかふだん足が向かない地域をあれこれ知ることができた。
「こんなにりんご畑があるんだー」と感じた。

これらは郵送ではできなかったことである。(一部は郵送したが。)
やはり、「足で稼ぐ」ということは大切なのである。

|

« 雑誌連載のお知らせ | Main | 七五三 子どもの成長を願う行事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 雑誌連載のお知らせ | Main | 七五三 子どもの成長を願う行事 »