« 通常の授業で社会参画の資質を高める授業 | Main | プロの腕 »

2015.11.07

創立60周年記念式典

他の地区ではどうかはわからないが、岩手県では多くの学校が「周年行事」を行う。
10年、20年、30年・・・と創立から節目となる年に行う行事である。
今日は本校の「創立60周年記念式典」であった。こういう行事では、だいたいは総務が担当となる。
本校でも自分が担当になって、あれこれの事業をこの2月から進めてきた。

いくつもの関連事業をしたが、大きいのは記念誌づくりと式典である。
記念誌は他の人に主たるところはお願いし、自分は式典。今まで同様に創立〇〇周年の式典には参加したことはあったが、いざ自分が担当となってみると、細かなところでたくさんの仕事があった。
まずは無事に終わってホッとしているところである。
それらの仕事の一つ一つは書かないが、担当になって初めてわかることもけっこうあった。

考えてみたら、10年に1度の行事だから教職人生で3~4回、経験できることとなる。少ない人は1~2回だろう。
自分は岩谷堂小学校の創立120周年、水沢小の創立130周年に巡り合うことができた。今回が3回目。
今までとは違い事業に深く関わることができたということ、久しぶりにお会いする方もおり、思い出深いものとなった。特に20年ぶりぐらいに、かつての保護者とお会いできたのは嬉しいことであった。

式典は終わったが、資料発送業務、会計業務といったように仕事はまだある。
最後までしっかりとやりとげようと思う。

|

« 通常の授業で社会参画の資質を高める授業 | Main | プロの腕 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 通常の授業で社会参画の資質を高める授業 | Main | プロの腕 »