« ユニバーサルデザイン研究会 | Main | 教え子へのアドバイス »

2015.11.30

11月終了

11月終了。学びの多い月だった。

●11月は校務で自分にとっての今年度最大の仕事である「創立60周年記念式典」が行われた。このために、4月から少しずつ準備をしてきたが、11月7日がその日。一週間前は仕事のピークであった。当日はアトラクションもあわせて1時間あまりの式。そのために細部まであれこれ準備。無事終えた時には本当にホッとした。これだけではなく、式典後は事後処理があれこれあり、通常業務とあわせて今月の上旬はかなりのエネルギーを費やした。周年行事はなかなか経験することはできないので、よき経験となった。

●今月から再開したのが大学院での学び。今月はレポート1本とゼミ。レポートは本当は2単位分完成させたかったが、時間的に厳しく1単位分(2本)のみ。12月の試験も時間的、距離的にも厳しいので2月にまとめて行うことにした。ゼミは修論についてなので、単なる受講ではない。それに至るまで、多くの時間を費やした。まだまだ修論については、迷っているばかり。今回いただいたヒントをもとにがんばっていこう。

●登壇については、2回。秋田での飛び込み授業は単元1時間目ということで学ぶ点が多かった。そこで出会った先生方との交流も「さすが秋田」と思うことがいくつもあった。沼澤校長先生のおかげで、この9年間で5回も湯沢市や羽後町に行かせていただいた。全て有難い機会であった。もう1回のユニバーサルデザイン研究会は、50代の自分のターニングポイントの一つである。大会報告をすることで、少しだけだが貢献させていただいた。

●学びという点では下旬に地区社研と一関社研in奥州があった。後者については、新しい企画として本校開催ができ、参加者も40名近くにのぼった。育ちゆく若手と中堅の姿を見ることができたのは実に嬉しいできごとであった。学会も宮城教育大学での日本社会科教育学会に参加。これもよき学びであった。

●いくつかの原稿を書き、読書もいつものペース。ただ、これらについては「いつものペース」ではいけないであろう。限られた残りの教員生活を充実させるためにはペースは上げないと…。今年もあと1ケ月。せめて来月だけでもペースを上げよう。

|

« ユニバーサルデザイン研究会 | Main | 教え子へのアドバイス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ユニバーサルデザイン研究会 | Main | 教え子へのアドバイス »