« 11月終了 | Main | つぶやきより »

2015.12.01

教え子へのアドバイス

よく拝見させていただいているブログにこちらの記事が掲載されていた。
この先生が今年引退した大投手の担任だったことは知っていたが、そのやりとりをこういう風に載せているとは。しかもそのアドバイスはやはり凄いという内容だ。
こういうアドバイスができるからこそ、大投手も質問をしたのであろう。

自分も人前で話す機会が定期的にあるが、今年保育園で一般の保護者に話をしている時に、何となく「今は興味がない空気が流れているなー」という時間があった。ここに述べられている次の6つの内容は、そんな時にもきっと役に立っていたのではないか。まさに一流の視点である。

①今だから言える企業秘密にならないことで、ビックリするような情報
②プロ野球人生との決別を真剣に考えた頃、そして事由
③もし、この道を選ばなかったらどんな人生を歩んでいただろうか
④歩んだ人生の中で、忘れることのできない「人物」との出会い
⑤父と母、そして兄弟との家族としての思い出いろいろ
⑥あの華やかなスポットを浴びた瞬間に起きた隠れたエピソード

ところで、この③については自分自身考えたこともなかった。中高時代はそれなりに「こんな道を…」と思ったこともあったが、大学に入ってからは教員になるという道以外の選択肢は考えたこともなかった。大学での素晴らしい先生方、先輩方が教員の仕事のやりがいを教えてくださったからだ。それは教育実習で確かなものになった。
そして、1年間の遠回りを経て教員になって、この教職についた有難さを30年以上も実感し続けている。

|

« 11月終了 | Main | つぶやきより »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 11月終了 | Main | つぶやきより »